ニュージーランド・フライフィッシングをはじめ海外の釣りをコーディネート致します。
海外フィッシング専門旅行会社ビックトラウト
海外フィッシング専門旅行会社
ニュージーランド・アラスカ・カナダ・クリスマス島・コスタリカの海外フィッシングツアーをご案内いたします。
お問い合わせはこちら

トップへ戻る
ニュージーランド
トラウト
キングフィッシュ(ヒラマサ)
釣り場情報
アラスカ
サーモン&ハリバット
カナダ
サーモン
ハワイ(オアフ島)
ボーンフィッシュ
クリスマス島
ボーンフィッシュ&GT
コスタリカ
ターポン NEW
ニュージーランド トラウト 海外フライフィッシング&ルアーフィッシング ニュージーランド
トラウト
ニュージーランド キングフィッシュ 海外フライフィッシング&ルアーフィッシング ジギング ニュージーランド
キングフィッシュ
アラスカ サーモン 海外フライフィッシング&ルアーフィッシング アラスカ
サーモン
アラスカ ハリバット 海外フライフィッシング&ルアーフィッシング アラスカ
ハリバット
ハワイ ボーンフィッシュ 海外フライフィッシング&ルアーフィッシング ハワイ
ボーンフィッシュ
クリスマス島 ボーンフィッシュ 海外フライフィッシング&ルアーフィッシング クリスマス島
ボーンフィッシュ&GT
コスタリカ ターポン 海外フライフィッシング&ルアーフィッシング コスタリカ
ターポンNEW
ニュージーランド ウェディング 海外フライフィッシング&ルアーフィッシング ニュージーランド
ウェディング

標準旅行業約款
手配旅行条件書
個人情報保護法
リンク
トラウト フィッシング
サーモン/海釣り
トップページ >2019_メキシコ_レイクエルサルトバス釣りツアー
2019年 5月スタッフ遠征 メキシコ レイクエルサルト
メキシコ レイクエルサルトへ行って参ります!
メキシコで最も有名な釣り場レイクエエルサルト。世界中のバスアングラーが夢の10ポンドオーバーを狙って訪れるバスフィッシングの聖地です。
弊社では久しぶりの遠征となり、非常に楽しみにしております!そして今回の遠征では、特別同行者として村田基さんも遠征致します!
詳細はお気軽にお問い合わせください!!

■遠征モデル
1日目 成田発→ロサンゼルス着
ホテルへ移動&宿泊
2日目 ロサンゼルス→マサトラン
車でロッジへ移動
ロッジ泊
3日目
4日目
5日目
ガイドフィッシング
ロッジ宿泊
6日目 ガイドフィッシング(半日)
終了後、専用車で空港へ移動
マサトラン→ロサンゼルス
ロサンゼルス泊
7日目 ロサンゼルス→成田へ
8日目 成田空港着
   <<今回遠征スタッフ>>

村田基さん
(むらた はじめ)

村松隼斗
(むらまつ はやと)
■タックル
<<ロッド:ワールドシャウラ>>
・1652R:バスアサシン・ミノー・バスベイトなどのウェイト的に20gを切るような軽めのルアーのときに使う。ラインは20〜25ポンド。
・1703R:ディープクランク、スピナーベイト、スイムベイトなどもっとも多く使われるロッド。ラインは25〜30ポンド。
・1704R:ディープクランク、スイムベイト、ワーム。立木の多いエリアで無理やり魚を引き釣り出すときに使う。
 ラインは30〜35ポンド。PEの場合5〜6号。リーダーは40ポンド。
・1754R:ディープクランク、ワームなど。30mを超える遠投となってくると、短いロッドではあわせが効かなくなる。
 また水深8〜15m程となると、やはり短いロッドではあわせが効きづらくなるこのためこの長さのロッドが必要となる。
 ラインは30〜35ポンド。PEの場合は4〜6号。PEラインは立木に絡まれるとあっさり切れることが多い。
 もちろんナイロンもしかりだが、PEのほうがもろいため、ナイロンよりも強度のある最低でも1.5倍以上の
 太さのものを使うようにしたい。
<<ビックバス用のフック>>
プラグ系は最初に付いているフックでは全く使い物にならないため、すべての針をふと軸に変えていく必要がある。
通常はカルティバの56クラス、ちなみにシーバス用の46でも簡単に伸ばされてしまう。
ワームフックは極小のフックで3/0、メインが4/0から6/0となる。
フックの本数は3/0で20本4/0〜6/0を30本くらいずつ持って行けばOK。
シンカーはストッピングシンカー10〜14g、20〜30個・また、フロリダリグシンカー7〜20gを20個程度。
5g程度の軽めの物10個
<<ルアーの傾向>>
一般的にレイクエルサルトでは朝5時半〜7時までのほぼ1時間半、ここまではほぼトップウォーター 系の釣り。
夢のテンパウンドを目指すのであれば、ザラスクープクラスのペンシルベイト、スプラッシュサウンダー、ザラ、タンゴダンサー。
ホッパーはできるだけ大きめの物、マグナムポップR。またはバズベイトという 手もある。
7時から8時頃、トップウォーターの出が止まる。あるいはトップででないときはルアーを一気に変える。バスアサシンなどの
スティックベイトや13〜15cmのミノー。 少し太めのシーバス用のミノーがよい。
8時を過ぎると、気温が一気に上がり、魚は3〜10m近くの水深を好んで移動する。このため、4m以上潜るクランクベイト、
ファットフィリーシャッドやスライキング5&6などのディープクランク。 つまりDB-3クラス以上のディープダイバーが必要となる。
近年、立木周りで天ポンドオーバーが捕られているが、ここでは、ボーマーのスーパーポギーと呼ばれる大きなバイブレーション
プラグ1 1/4oz(約35g)、さらに4/3ozクラスのスピナーベイト、ヒルデブランドのザ・ブレードや、YUMのマネーミノー、
ストームのスイムシャッド、そして9〜11インチのワーム。
ワームはリボンテール(カーリーテール)9〜11インチ。バスアサシンリザード9インチを2kgほど必要となる。
ちなみにワームは一匹一本である。
午後の部もこのワームやクランクベイト、スイムベイト。スピナーベイトの釣りから始まり夕まづめの30分〜1時間が
トップウォーターの釣りとなる

ページトップへ戻る
海外フィッシング専門旅行会社 ビッグトラウト COPYRIGHT 2006 BIG TROUT. ALL RIGHTS RESERVED.